将来のトリチウム除去に道

「多孔性材料」で京大

2022/11/10 05:43

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 京都大の北川進特別教授らのチームは、活性炭のようにごく微小な穴を無数に持つ「多孔性材料」を使い、性質が極めて似ていて分離が難しい水と「重水」を効率よく分離することに成功したと英科学誌ネイチャーに9日 …