超新星爆発直後の姿捉える

115億光年、千葉大など

2022/11/10 05:47

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 地球から115億光年離れた恒星が一生を終えて起こした「超新星爆発」直後の姿を捉えることに成功したと、千葉大などの国際チームが9日付の英科学誌ネイチャーに発表した。爆発したのは太陽の約500倍の半径を …