北極圏の石油開発、禁止を提唱

EU、地球温暖化対策で

2021/10/13 21:36

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)のボレル外交安全保障上級代表は13日、北極圏を巡るEUの新戦略を発表、地球温暖化対策のため北極圏での石油や天然ガスなど化石燃料の開発を行わない方針を打ち出した。北極圏での開発や産出された化石燃料の購入をやめるための多国間の法的枠組みも提唱する。

 北極圏では、天然資源や新航路の開発などを巡り米ロや中国の間で主導権争いが激化し、脱炭素化社会の実現をアピールするEUとしても関与を強めたい考え。欧州での天然ガス価格が高騰する中、議論を呼びそうだ。

 EUは2050年までに域内の温室効果ガス排出を実質ゼロにする目標を掲げている。