新資本主義会議、15日に創設

首相表明、デジタル臨調も

2021/10/14 22:05

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 岸田文雄首相は14日、衆院解散に当たり記者会見を開き、新設する「新しい資本主義実現会議」の議長に自身が就き、15日にメンバーや検討項目を決めると表明した。デジタル改革や規制改革推進のため、新たに「デジタル臨時行政調査会」の創設も打ち出した。「成長と分配の好循環」につなげる。従業員給与を引き上げるため、賃上げ促進税制を強化するよう政府、与党に指示したと明らかにした。企業の税額控除の割合を増やし、取り組みを後押しする。

 成長戦略の目玉の一つにデジタル臨調を位置付け「デジタル、規制、行政の改革を一体的に進める」とした。