火砕流で家屋3000軒被害

インドネシア、死者増も

2021/12/06 10:23

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 【ジャカルタ共同】インドネシア・ジャワ島東部のスメル山で4日に起きた噴火で、地元災害対策当局者は6日までに周辺の村で少なくとも家屋約3千軒が火砕流の被害に遭ったと明らかにした。国営アンタラ通信が伝えた。火砕流の堆積物に埋まったままの住民がいる可能性があり、救助当局が重機を投入して捜索を継続。死傷者が増える恐れがある。

 大雨で火山灰や堆積物が泥流となって氾濫する可能性もあり、当局が住民に警戒を呼び掛けた。

 国家災害対策庁によると、6日までに少なくとも14人が死亡、56人が負傷した。避難者は約1300人に上る。