乳児の遺体遺棄疑い、神奈川

10代少女を逮捕

2022/07/02 09:56

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 神奈川県秦野市の畑に乳児の遺体を遺棄したとして、県警は2日、死体遺棄の疑いで同市の10代の少女を逮捕した。県警によると、少女は「赤ちゃんを埋めたことに間違いない」と容疑を認めている。

 畑の所有者から1日、「畑の土中にあったポリ袋から異臭がする」と通報があり、駆け付けた警察官が性別不明の乳児の遺体を発見した。

 逮捕容疑は5月中旬ごろ、秦野市曲松1丁目の畑に乳児の遺体を遺棄した疑い。乳児が死亡した経緯も調べる。

 現場は小田急小田原線の渋沢駅から南に300メートル。畑は休耕地だったという。