ドイツ外相が10日に長崎訪問

平和祈念館、被爆者懇談も

2022/07/06 20:33

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 長崎県は6日、ドイツのベーアボック外相が10日に長崎市の長崎原爆資料館や、国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館を訪問すると発表した。被爆者との懇談や献花を予定している。

 ドイツは米欧の核同盟、北大西洋条約機構(NATO)に加盟しているが、6月にオーストリア・ウィーンで開かれた核兵器禁止条約の第1回締約国会議にオブザーバー参加した。今年の先進7カ国(G7)の議長国も務めている。

 ベーアボック氏は10~11日の日程で来日し、11日に林芳正外相との会談を予定。ロシアのウクライナ侵攻を巡る国際情勢や、来年5月のG7首脳会議の成功に向けた連携などで意見交換する見通し。