首相、NISA恒久化表明

看板政策、資産所得倍増へ

2022/09/23 05:03

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 【ニューヨーク共同】岸田文雄首相は22日午後(日本時間23日午前)、米ニューヨーク証券取引所(NYSE)で講演し、少額投資非課税制度(NISA)を恒久化する意向を表明した。看板政策「新しい資本主義」で打ち出した資産所得倍増実現のため、抜本的な税制改正により個人金融資産を投資に振り向ける。

 世界最大の取引所であるNYSE講演は、日本への投資促進が狙い。NISA恒久化は日本の株式市場活性化の一環で、首相は「日本経済は力強く成長を続ける。確信を持って投資してほしい」と呼びかけた。