大阪桐蔭など準々決勝へ

明治神宮野球大会が開幕

2022/11/18 20:25

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 第53回明治神宮野球大会は18日、神宮球場で開幕して1回戦が行われ、各地区秋季大会優勝の10校で争う高校の部は、2連覇を目指す大阪桐蔭(近畿)と英明(四国)が勝って準々決勝に進んだ。11校が参加する大学の部は環太平洋大(中国・四国)と関大(関西2)が準々決勝に進出した。

 大阪桐蔭は東邦(東海)に9―1で快勝。前田が8回1失点だった。英明は山梨学院(関東)に10―7で打ち勝った。

 環太平洋大は7回を投げた先発の徳山ら3投手の継投で無安打無得点を記録し、国際武道大(関東2)を2―0で下した。関大は東農大北海道オホーツク(北海道)に4―1で勝った。