17日、400年ぶり狼煙 二本松の小浜・宮森城跡

2019/02/13 10:12

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
小浜城跡で会員と一緒に狼煙の上がり方を確認する渡辺さん(中央)
小浜城跡で会員と一緒に狼煙の上がり方を確認する渡辺さん(中央)

 戦国武将の伊達政宗や大内定綱が居城した二本松市の小浜、宮森両城跡に十七日、約四百年ぶりに狼煙(のろし)が上がる。住民組織「岩代小浜の歴史と文化を護(まも)る会」が歴史を知ってもらい、観光振興につなげ …