【災害と再生の痕跡】学問と行政をつなぐ(2月22日)

2019/02/22 09:05

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 遺跡や古文書などの史料には地震、津波、洪水、噴火といった自然の猛威の痕跡と、先人の足跡が刻まれる。災害が相次ぐ中、備えと再生の手掛かりを求めて、過去の営みに関心が高まる。考古学や文献史学、地理学、民 …