祈りの炎赤々と 季語採用後初「松明あかし」

2019/11/10 09:56

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
台風19号の犠牲者を追悼し、被災地の早期復興を祈る炎が夜空を焦がした松明あかし
台風19号の犠牲者を追悼し、被災地の早期復興を祈る炎が夜空を焦がした松明あかし

 晩秋の須賀川を彩る伝統の火祭り「松明(たいまつ)あかし」は九日、須賀川市の翠ケ丘公園にある五老山で昨年十一月に名称が冬の季語に採用されて以来初めて行われた。鎮魂の祈りを託した炎が赤々と夜空を焦がした …