半壊以下に独自支援 県、床上浸水住宅巡り検討

2019/12/03 08:01

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
内堀知事に県独自の支援制度創設を求める小椋会長(左)
内堀知事に県独自の支援制度創設を求める小椋会長(左)

 台風19号の被害を受け、県は住宅が半壊以下の床上浸水世帯に対し独自の支援制度を設ける方向で検討に入った。内堀雅雄知事が二日、福島市で開いた県町村会役員との意見交換会で「県としての対応方針を固めていき …