【学校の存続】大熊の試みに注目する(12月4日)

2019/12/04 08:28

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 大熊町は、多世代の学びの場になる「幼保・小中一貫校」を二〇二二(令和四)年四月にも大川原地区に開校させる。小中学校の九年間を見据えた継続性のある教育により、町の担い手を育てる。子育て支援と幅広い層の …