国の責任、二審も認める 生業訴訟仙台高裁判決 賠償の対象拡大

2020/10/01 08:20

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 東京電力福島第一原発事故の被災者約三千八百三十人が国と東電に慰謝料や居住地の放射線量低減を求めた生業(なりわい)訴訟控訴審の判決で、仙台高裁(上田哲裁判長)は三十日、一審・福島地裁判決に続き国と東電 …