「細胞接着」の分子増加で生存率低下 子宮体がん 福医大

2021/04/09 10:02

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 福島医大医学部基礎病理学講座の杉本幸太郎講師(37)、小島学博士研究員(37)らの研究チームは、細胞同士を接着させる分子の一種が子宮体がん …