福島民報社賞 シグマ(磐梯) 独自の光学機器を生産

2019/03/14 16:46

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
製造拠点の会津工場でレンズの最高品質を極める社員
製造拠点の会津工場でレンズの最高品質を極める社員

会津工場が唯一の製造拠点。カメラレンズをはじめ独自の光学機器を一貫生産し、七十カ国・地域の取引先に販売している。「MADE IN AIZU」の文字を製品に刻む。会津の地から世界一の映像メーカーを目指し、「世界初」となる製品を数多く送り出している。


 会津工場は一九七三(昭和四十八)年に稼働した。製造業者の多くが海外に生産拠点を移す中、会津でのものづくりにこだわってきた。この土地の人の勤勉さや誠実さが光学機器の品質を高めた。インターネットをはじめとした情報通信技術の革新に伴い、利用者の需要は多様化してきた。新たな製品を継続的に生み出すため、工場内で積極的に情報交換を行い、技術継承に努めている。


 二〇一六(平成二十八)年には映像用レンズ「シネレンズ」への新規参入を果たし、国内外で高い評価を得ている。山木和人社長(50)自ら米国ハリウッドなどで技術者の声を集め、従来より小型・軽量で安価な製品を生み出した。


 「シネレンズで米アカデミー賞の科学技術賞を獲得し、オスカー像を会津に持ち帰る日もそう遠くはないと確信している」と山木社長。磨き抜かれたレンズのように瞳は輝く。


■メモ

▽設  立=1961(昭和36)年9月

▽社  長=山木和人

▽従業員数=1667人

▽住  所=磐梯町大谷字日知坂6594(会津工場)神奈川県川崎市麻生区栗木2の4の16(本社)

▽電話番号=0242(73)2771(会津工場)