新生Rホープス地元郡山で躍動 ホーム開幕戦「民報マッチデー」

2019/04/14 10:55

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
【福島レッドホープスー栃木】7回裏、福島2死二塁、代打古長選手がスタンドの声援を受け、中前に適時打を放ち、1点を返す
【福島レッドホープスー栃木】7回裏、福島2死二塁、代打古長選手がスタンドの声援を受け、中前に適時打を放ち、1点を返す

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの福島レッドホープスは十三日、郡山市のヨーク開成山スタジアム(開成山野球場)で栃木ゴールデンブレーブスとの今季ホーム開幕戦に臨んだ。リーグ参入五季目で、球団名を改めて初のシーズンを戦うレッドホープスは、接戦で最後まで諦めない姿勢を示し、地元ファンの声援に応えた。

 ホープスは二点を追う七回裏二死二塁、代打の古長拓選手(いわき市出身)が中前に適時打を放ち一点を返した。試合は1-2で敗れた。

 「福島民報マッチデー」として開催され、快晴の下で多彩な催しが繰り広げられた。ホーム二連戦最終日の十四日は「福島民報&ピンクリボンin郡山マッチデー」として開かれる。茨城アストロプラネッツと午後一時半から対戦する。