Rホープス逆転負け 新入団の鈴木 9失点ほろ苦デビュー

2019/05/03 10:22

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
【福島レッドホープス―新潟】プロ初登板を果たしたが5回9失点で敗戦投手となった先発の鈴木
【福島レッドホープス―新潟】プロ初登板を果たしたが5回9失点で敗戦投手となった先発の鈴木

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの福島レッドホープスは2日、新潟県刈羽村の源土運動広場野球場で新潟アルビレックスBCと対戦し、7-9で4連敗を喫した。通算成績は4勝9敗。

 レッドホープスは初回に幸先良く3点を先取したがその裏、プロ初登板となった新入団投手の鈴木駿輔(伊達市・聖光学院高出身)が暴投で1点を献上した。三回、鈴木は制球に苦しみ大量5点を失うと、五回に味方が2点を返した直後の投球で踏ん張りきれず、3点を奪われて降板した。後続投手が無失点で粘ったが、及ばなかった。


■レッドホープス次戦(5月3日)

VS武蔵

(13時30分・西会津町、福島レッドホープス西会津球場)