ローラースポーツの「インラインアルペン」 都路で強化選手団合宿

2019/05/03 10:38

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
技術向上を目指し練習を積む選手
技術向上を目指し練習を積む選手

 ローラースポーツの一種「インラインアルペン」の強化選手団合宿は四日まで、田村市都路町のグリーンパーク都路で行われている。見学自由で、一般を対象にした体験教室も開かれている。

 競技は、タイヤが一列に並んでいるインラインスケートを履いて坂道を滑走する。二〇一八年世界選手権の大回転で四位となった尾崎惇史選手、同大会の回転で九位の鈴木彩生選手(ともに東京)ら国内トップクラスの約十人が合宿に参加している。

 夏にスペインで開かれる世界選手権の代表選考会が今月末、埼玉県であることから、選手は真剣に腕を磨いている。

 見学と体験教室は無料。時間は午前十時から午後四時まで。