レッドホープス逃げ切る BCリーグ

2019/05/19 09:58

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
【群馬―福島レッドホープス】プロ初勝利の猿渡大輝
【群馬―福島レッドホープス】プロ初勝利の猿渡大輝

 プロ野球の独立リーグ・ルートインBCリーグの福島レッドホープスは18日、いわき市の南部スタジアムで群馬ダイヤモンドペガサスと対戦し、5-4で勝利した。レッドホープスの通算成績は8勝12敗1分け。

 レッドホープスは一回に4番の藤原陸生の右翼線への二塁打で2点を先制した。二回には好機に相手投手の暴投などもあり2点を追加。その後、三回には連打で1点を取った。

 先発の猿渡大輝は毎回のように出塁を許すが、要所を抑えた投球で六回を零点に抑え、七回の無死一、二塁の場面でマウンドを譲った。猿渡の降板以降、レッドホープスは七回に1点、八回に2点、九回に1点を失ったが、前半の5点リードを守り切り勝利した。

 岩村明憲監督は「後半に追加得点ができなかったことが、相手の攻撃に流れを与えてしまった」と反省点を口にした。