女将とハイキング、6月2日開催 土湯温泉観光協

2019/05/23 10:08

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
ハイキングの開催をPRした(右から)佐久間輝、渡辺啓子、渡辺いづみ、佐久間郁子、阿部、森山の各氏
ハイキングの開催をPRした(右から)佐久間輝、渡辺啓子、渡辺いづみ、佐久間郁子、阿部、森山の各氏

 福島市の土湯温泉観光協会は六月二日午前十時半から「土湯女将会 照南湖・堤ケ平ハイキング」を開催する。

 二十四日に開所する土湯温泉観光交流センター「湯愛舞台(ゆめぶたい)」で出発式を行う。各温泉旅館のおかみ、森の案内人と一緒に土湯の自然を楽しみながら、ひめさゆりが見頃を迎える堤ケ平や、スイレンが咲き誇る照南湖を巡る。参加者には豚汁と当日限定の指定旅館の入浴券を提供する。

 参加費は一人五百円で定員五十人程度。三十一日まで参加を受け付ける。

   ◇  ◇

 土湯女将美湯の会の渡辺いづみ会長(山水荘)らは二十二日、PRのために福島民報社を訪れ、「散策後は温泉で体を癒やしていただき、土湯の魅力を満喫してほしい」と参加を呼び掛けた。

 同会の渡辺啓子副会長(山根屋)、佐久間郁子庶務(向瀧)、森山雅代会計(ニュー扇屋)、阿部有子監査(小滝温泉)、土湯温泉旅館事業協同組合の佐久間輝理事長、土湯温泉観光協会の加藤舞さんが一緒に訪れた。