15日、泉崎で福島県スペシャルマッチ開催 Rホープス

2019/06/05 10:03

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
右から奈良選手、渡辺主事、竹脇選手
右から奈良選手、渡辺主事、竹脇選手

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの福島レッドホープスは15日午後1時30分から、泉崎村さつき球場で埼玉武蔵ヒートベアーズと対戦する。ホープスの試合が泉崎村で開催されるのは初めて。県スペシャルマッチとして開催され、多彩な催しを繰り広げる。

 試合に先立ち午後零時45分から岩村明憲監督と、矢吹町出身で元プロ野球DeNA監督の中畑清氏のスペシャルトークが催される。中畑氏は始球式にも参加する。

 来場者の先着千人にはホープスと県のロゴが入ったオリジナル記念品のコンパクト保冷ボトルホルダーがプレゼントされる。午前10時30分からはfreecom英会話教室の協力で「野球で使えるやさしい英会話講座」も開催する。レッドホープスは子どもを中心に最大30人まで受講者を募っている。

 ホープスのチームキャプテンの奈良雄飛選手と竹脇大貴選手、県地域政策課の武林祥雄総括主幹兼副課長、渡辺沙彩主事はPRのため4日、福島民報郡山本社を訪れた。

 ライト・エージェンシーの佐藤賢二取締役営業本部長が一緒に訪れた。