福島の味と技見に来て 12日から物産展 郡山・うすい

2019/06/12 10:15

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
会場の設営作業をする関係者=郡山市・うすい
会場の設営作業をする関係者=郡山市・うすい

 福島民報社主催の「第十八回ふくしま県の物産展」は十二日、郡山市のうすい百貨店・十階催事場で開幕する。十八日まで福島県内の五十六社・団体がスイーツや加工食品、郷土料理、工芸品などを販売する。十一日は出展者が会場の設営作業を行った。

 県、県観光物産交流協会などの後援、うすい百貨店の協力。今回は宗(平田)の「ごぼ~のチップス」が初参加。イートインコーナーでは牛乳屋食堂(会津若松)の「ミルクみそラーメン」などが初めて登場する。

 川俣町農業振興公社などが「川俣シャモメンチ」を実演販売する。十五、十六の両日、郡山女子大付属高が開発した「プリンセスハンバーグ」を使用した弁当を販売する。

 開場は午前十時から午後七時(最終日は午後五時)まで。