桑折の桃、献上桃に 令和初 26年連続で選定

2019/06/19 10:08

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
芳見所長(左)から通知書を受ける佐藤理事(中央)。右は高橋町長
芳見所長(左)から通知書を受ける佐藤理事(中央)。右は高橋町長

 桑折町の桃が、二十六年連続で献上桃に選定された。決定通知書交付式は十八日、町役場で行われた。

 桃は町内のJAふくしま未来桑折営農センターで選別される主力品種「あかつき」で、皇室や宮家に届けられる。芳見茂県県北農林事務所長が、同JAの佐藤広武理事に通知書を手渡した。高橋宣博町長が同席した。

 佐藤理事は「高品質の桃づくりに取り組んでおり、順調に生育している」とあいさつした。高橋町長は「令和最初の献上桃になる。生産者の努力に感謝し、町民と共に喜びたい」と述べた。

 あかつきの収穫は七月下旬に始まる。献上桃の選果・箱詰式は八月上旬の予定。