レッドホープス惜敗 BCリーグ

2019/07/06 10:00

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
【群馬―福島レッドホープス】8回裏、福島無死一塁、佐賀が捕邪飛に倒れ悔しい表情を見せる
【群馬―福島レッドホープス】8回裏、福島無死一塁、佐賀が捕邪飛に倒れ悔しい表情を見せる

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの福島レッドホープスは5日、郡山市のヨーク開成山スタジアム(開成山野球場)で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦し、1-2で敗れ、後期初勝利はならなかった。後期通算成績は4敗1分け。

 レッドホープスは三回、先発横山貴明(浪江町出身、聖光学院高、早大卒)が群馬の鹿沼に右翼線二塁打を打たれ、2点を先取された。四回、レッドホープスは松本龍憲が右スタンドにソロ本塁打を放ち1点を返した。

 その後は両チームともスコアボードに0を並べた。レッドホープスは九回2死から2連打で好機をつくったが、得点できなかった。横山は8回2失点の好投だったが打線の援護がなく、初勝利を挙げられなかった。