カブト、クワガタ№1は!? 常葉ムシムシランド営業開始

2019/07/14 10:22

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
お気に入りを探す来園者
お気に入りを探す来園者

 田村市常葉町の観光施設「ムシムシランド」は十三日、今夏の営業を開始した。初めての企画「カブクワ総選挙」の投票が始まり、初日から家族連れでにぎわった。

 カブクワ総選挙は、飼育展示された国内外の三十種類のカブトムシとクワガタからお気に入りの一匹を探し、投票する。来園する全ての人が「有権者」となる。日本のカブトムシのほか、コーカサスオオカブトなどが「立候補」している。

 放送作家の鈴木おさむさんがプロデュースした。カブトムシとクワガタを紹介する選挙ポスターは、郡山市の国際総合学園FSGカレッジリーグの国際アート&デザイン大学校の学生が原案を作った。

 営業と投票は八月二十五日まで。施設内の自然観察園は常時千匹以上のカブトムシを観察できる。入場料は大人四百円、高校生以下三百円。三歳未満は無料。営業時間は午前九時半から午後四時半。