小泉環境相 第一原発視察へ

2019/09/14 10:10

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 小泉進次郎環境相は十三日、閣議後の記者会見で、東京電力福島第一原発を視察する意向を明らかにした。「環境相として現場を見ることは大事だ。今後時間が許す時に現場に伺えればと思う」と述べた。日程は今後調整する。

 事故から八年半が過ぎ、廃炉の進捗(しんちょく)状況などを把握する目的。小泉氏は「事故直後から何度も視察している。当初は防護服で、靴下も二重に履き、マスクも着けていた。(現在は)現場の労働環境は改善された」と話した。