富岡観光協 8年半ぶりに再開

2019/10/03 10:02

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故に伴う避難により活動を休止していた富岡町観光協会は八年半ぶりに活動を再開した。九月三十日に町役場で開いた総会で決めた。

 今年度末のJR常磐線の全線開通を控え、観光振興に向けた態勢を整えて交流人口の拡大を図るのが狙い。富岡町桜まつりなど各種イベントに協力するほか、観光マップの配布や特産品販売を行う。

 総会には約三十人が出席した。役員選出では、会長に遠藤一善町商工会長を選んだ。遠藤会長は「一人でも多くの人に町に足を運んでもらえるよう、力を合わせて取り組んでいく」と決意を語った。役員は次の通り。任期は二〇二一(令和三)年三月末まで。

 ▽会長=遠藤一善▽副会長=滝沢一美、渡辺吏▽理事=大和田剛、平山勉、早川恒久、五十嵐敦夫、林千登美、渡辺雄一、遠藤秀文、猪狩憲一、大浦勝▽監事=渡辺正義、田中美奈子