県中体スキー距離フリー 男子 笠間が初優勝 女子は大関2連覇

2020/01/14 09:32

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 第62回県中体スキーは13日、檜枝岐村で開幕した。初日は尾瀬檜枝岐クロスカントリースキーコースで距離の男女フリーを行い、男子は笠間莉斗=猪苗代2年=が初優勝し、女子は大関奏音(かなで)=一箕3年=が2連覇を果たした。

 県中体連、県教委、県スキー連盟などの主催。男子34人、女子22人が出場した。14日はクロスカントリーの距離男女クラシカルを同会場で行い、アルペンは男女回転を尾瀬檜枝岐温泉スキー場で実施する。初日の成績は次の通り。


 ◇距離▽男子フリー(5キロ)(1)笠間莉斗(猪苗代)11分3秒4(2)安部拓海(猪苗代東)(3)古川晋太郎(同)(4)大竹優真(只見)(5)鈴木詠大(同)(6)野口悠太(猪苗代)(7)酒井蓮(南会津)(8)磯川琉聖(猪苗代・吾妻)

 ▽女子フリー(3キロ)(1)大関奏音(一箕)6分55秒3(2)鈴木もえ(猪苗代・吾妻)(3)橘詩媛(檜枝岐)(4)小檜山詩音(猪苗代東)(5)野口愛莉(猪苗代)(6)横沢優香(同)(7)平野最愛(檜枝岐)(8)小板橋梨亜(猪苗代)