須賀川市民交流センター1周年 高校生がパフォーマンス

2020/01/14 09:48

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
書道パフォーマンスを披露する須賀川桐陽高書道部
書道パフォーマンスを披露する須賀川桐陽高書道部

 須賀川市民交流センターtetteの開館一周年記念イベント「tetteで青春(アオハル)」は十二日、同施設で開かれた。地元高校生らがパフォーマンスを繰り広げた。

   ◇  ◇

 たいまつホールでは、ダンスやバンド演奏が催された。須賀川桐陽高書道部は書道パフォーマンスを披露した。「翔」をテーマに大きな紙に部員が筆を走らせた。「優しいぬくもりの中 友と語り合おう 数えきれない季節を たくさんの笑顔と 共に歩んでいきたい みんなで手を取り合い はばたけ 未来へ」とメッセージを書いた。迫力ある書道の実演に会場から大きな拍手が送られた。

 施設内では須賀川高茶道部がお茶席を設け、生徒らがお茶をたてた。高校生やNPO法人などの特設コーナーもあった。作品展示やブックカフェ、こども食堂、ゲームコーナーなどが人気を集めた。