福島U始動 22選手、福島で今季初練習

2020/01/16 09:29

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
気持ちの入った練習を見せる福島Uの選手
気持ちの入った練習を見せる福島Uの選手

 明治安田生命サッカーJ3の福島ユナイテッドFC(福島U)は十五日、福島市の十六沼公園屋根付き運動場で今季の初練習を行い、新加入八選手を含む二十二選手がJ3参入七年目のシーズンを始動させた。

 リハビリ中などの三選手を除く十九選手が全体メニューに参加し、二季目となる松田岳夫監督(58)の指導の下、熱のこもった練習を繰り広げた。内容はチーム戦術の肝となるパス回しが中心。ゴールを三カ所に置き、広い視野や判断力、パスの正確性などを養うミニゲームも行った。

 FW池田昌生選手(20)は「(十一位の)昨季はチームも自分も納得できない一年だった。ゴールとアシストで二桁を目指す」と高卒三年目のシーズンへ決意を示した。MF田村亮介選手(24)はチームの中心だった時崎塁さん、茂木弘人さん(ともに福島市出身)が着けた「7」を今季から背負う。「責任感を持ち、声を出して若い選手を引っ張る」と主力の自覚を新たにした。

 びわこ成蹊スポーツ大(滋賀)から新加入したMF青山景昌(ひろあき)選手(23)は「ゴールに向かう姿勢やアイデアをアピールしたい」とレギュラー争いを勝ち抜く意欲を見せた。

 福島Uの開幕戦は三月八日、福島市のとうほう・みんなのスタジアム(あづま陸上競技場)でブラウブリッツ秋田と対戦する。