舟引き祭りに福求める 喜多方、塩川初市も

2020/01/16 09:44

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
和舟からまかれる縁起物に手を伸ばす参加者
和舟からまかれる縁起物に手を伸ばす参加者

 喜多方市の塩川初市と第二十八回開運舟引き祭りは十五日、市内塩川町の新町通りなどで行われた。新年の家内安全などを願い縁起物を買い求める大勢の住民でにぎわった。

 舟引き祭りは東栄通りで行われた。阿賀川を拠点に、かつて舟の物流拠点として栄えた塩川の歴史を伝えようと商工団体などでつくる実行委員会が実施している。

 和舟「日橋丸」を東西に分かれて綱で引き合い、東が勝つと商売繁盛、西が勝つと五穀豊穣(ほうじょう)とされている。子ども部門は西、大人部門は東が勝利した。和舟からは縁起物がまかれた。