2月2日県民健康セミナー 「食と笑い」テーマ

2020/01/16 10:21

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 福島民報社主催の「県民健康セミナー~日本一の健康県を目指して~」は二月二日正午から福島市の飯坂温泉摺上亭大鳥で開かれる。参加者を募集している。

 福島医大の後援、JA共済連福島の特別協賛。福島民報社は福島県が日本一健康で幸せに暮らせる場所にすることを目指し、医療、福祉、介護、食と農など幅広い分野で「59市町村連携健康プロジェクト」を展開している。その一環として福島医大と、県民の健康改善や予防につなげようと昨年に引き続き開催する。

 今回は食と笑いがテーマ。第一部は福島医大医学部疫学講座主任教授の大平哲也氏が「認知症を予防する食事、運動、笑い」と題し講演する。第二部は福島大学農学群食農学類(食品科学コース、食品安全学研究室)教授の西村順子氏が「牛乳のもつ生理効果について」と題して講演する。

 参加無料。昼食も用意する。定員は百人。定員に達し次第締め切る。参加希望者は氏名、年齢、郵便番号、住所、電話番号、参加人数を明記し、ファックス024(533)4343またはメールoubo@fukushima-minpo.co.jpまで申し込む。電話での申し込みも受け付ける(平日のみ)。問い合わせは福島民報社広告局営業部内の事務局 電話024(531)4153へ。