幸楽苑の料理をタクシーで出前 郡山の2社提携

2020/05/22 10:45

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
作りたてのラーメンを運ぶタクシー会社のスタッフ
作りたてのラーメンを運ぶタクシー会社のスタッフ

 郡山市のラーメンチェーン大手の幸楽苑ホールディングスは二十一日、市内の西条タクシーグループ、フタセ交通と業務提携し、ラーメンや餃子などの料理を配達するサービスを始めた。地元郡山で初となるタクシーと協力した「出前」を始め、自宅でも幸楽苑の味を楽しんでもらう考えだ。

 市内で行う配達サービスでは、利用者が両タクシー会社、または幸楽苑の対応店舗に届けてほしいメニューを電話で注文する。店舗で作られた料理をタクシーが取りに行き、注文した人の自宅や会社などへ届ける仕組みだ。ラーメンなどは専用の容器で麺とスープを分けているため、麺は伸びづらく、温かいまま食べられるなど工夫している。

 料理の料金に加えて配達料として五百円がかかる。二千円以上から注文できる。多くのメニューは配達できるが、一部は対象外となっている。

■テークアウト全店舗で開始

 幸楽苑ホールディングスは二十一日、全四百二十九店舗でランチメニューなど一部を除く全ての料理のテークアウトを始めた。

 麺類などは容器代が別にかかる。新型コロナウイルス感染症の影響が続く中、同社は「ステイホームを続けながらお店の味を家庭でも楽しんでほしい」としている。