風とロック 来秋3会場で大芋煮会 震災10年、復興願い規模拡大

2020/05/23 09:55

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
昨年9月の「風とロック芋煮会」。来場者と一緒に「風とロック盆踊り」を踊る出演者
昨年9月の「風とロック芋煮会」。来場者と一緒に「風とロック盆踊り」を踊る出演者

 来年の「風とロック芋煮会」は東日本大震災から十年に合わせて規模を拡大し、来年九月九日から十二日までの四日連続で会津、中通り、浜通りの三会場で繰り広げられる。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため今年九月に予定していた芋煮会は中止となる。来年は、今年の分と合わせ、「LIVE福島 風とロック大芋煮会」として人気アーティストによる音楽ライブなどでさらなる盛り上げを図る。


■今秋は中止に

 風とロック、福島民報社の主催。今年の芋煮会は九月十二、十三の両日にJヴィレッジ(楢葉・広野町)で予定されていた。

 来年は、二〇一一(平成二十三)年九月に県内六会場で開催した「LIVE福島 風とロックSUPER野馬追」からも十年となる。節目の年に復興を願い、ウイルスと闘う医療従事者ら社会を支える人たちへの感謝の気持ちを込めて大芋煮会を企画した。

 来年九月九日は会津、九月十日は中通り、九月十一、十二の両日はJヴィレッジが会場となる。会津と中通りの会場は未定。

 郡山市出身のクリエイティブディレクターで実行委員長の箭内道彦さんは「観客と出演者の距離が近いイベントだからこそ、今年は中止という苦渋の決断をした。来年、会場で会えるのを楽しみにしてほしい」と呼び掛けた。