飲食店が日替わり弁当 福島JC企画 いちい店舗で販売

2020/05/24 10:55

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
いちい福島西店で弁当を販売する「味処 大番」のスタッフら
いちい福島西店で弁当を販売する「味処 大番」のスタッフら

 福島市の飲食店が作ったオリジナル弁当を販売する「ふくしま銘店街 応援(エール)プロジェクト」が市内のスーパー・いちいの各店舗で始まった。

 福島青年会議所(JC)の主催。新型コロナウイルスの影響で苦境を強いられている市内の飲食店を支援するとともに、市民に気軽に外食気分を味わってもらおうと企画した。いちいの市内各店で、飲食店七店舗が日替わりで弁当を提供する。二十三日はいちい福島西店で、「味処 大番」が「鰻重」「うなぎちらし弁当」など四品を販売し、好調な売れ行きを見せた。

 時間は各店舗午前十一時から。売り切れ次第終了。二十四、三十、三十一、六月六、七の各日限定で実施する。販売店舗と参加している飲食店は次の通り。

 ▽店舗=蓬莱、飯坂、川俣、信夫ケ丘、渡利、パワーデポ食品館、福島西、鎌田、庭坂、南福島

 ▽飲食店=炙屋ジョニー、ザ・ホテル大亀、味処 大番、中国飯店 精華苑、炭火焼肉 上杉、ウェディングエルティ、岩代家敷大王