佐久間牧場 クリムゾンクローバー見頃 葛尾

2020/05/24 12:14

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
咲き誇るクリムゾンクローバー
咲き誇るクリムゾンクローバー

 葛尾村のJA福島さくらふたば地区葛尾支店管内の佐久間牧場で、クリムゾンクローバーが見頃を迎えた。

 牧場では東京電力福島第一原発事故に伴う除染作業で表層から十センチ程度土をはがした。この影響で地力が下がったほか、作付けしていない季節の大雨で土砂崩れが起こるなどの被害があったという。

 土砂崩れの防止と地力強化、景観美化のため、二〇一七(平成二十九)年からクリムゾンクローバーを植えており、この時期には深紅の花が咲き誇っている。

 同牧場代表の佐久間哲次さんは「新型コロナウイルスの影響により、人を集めることはためらわれるが、復興のシンボルとして毎年咲かせていきたい」と話した。