富岡の復興応援ポスター制作 町内の施設に展示 福島民報社

2020/05/27 08:10

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
町内に張り出されているカラフルとみおかプロジェクトのポスター
町内に張り出されているカラフルとみおかプロジェクトのポスター

 福島民報社は、富岡町が復興する姿を写したポスターを制作し、町内の施設に張り出している。

 東日本大震災の復興支援に取り組む活動「スマイルとうほくプロジェクト」の一環。町、一般社団法人とみおかプラスと連携し、町内の交流やにぎわいを創出する「カラフルとみおかプロジェクト」として展開している。花王が特別協賛する。

 今年三月にJR常磐線が全線運転再開したことから、復興している町の姿を町内外の多くの人に見てもらおうと企画した。ポスターは現在、夜の森地区の満開の桜や、町の復興を願う女性の姿、町産品の販売会を写した三種類あり、それぞれに「とみおかに、ひとつひとつ、素敵な花が咲いていく。カラフルで元気な街へ、みんなで進んでいこう」と記している。

 福島民報社は今後、写真共有アプリのインスタグラムでハッシュタグ(検索目印)「#カラフルとみおか」をつけて投稿してもらった写真を使い、新たなポスターを制作する。