福島県南中体連、大会開催せず

2020/06/02 09:33

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う県中学校体育大会(県中体)の中止を受け、県南中体連は地区大会を開催しないと決めた。1日、管内24校に通知した。

 多くの選手や関係者が集う大会で「3密」を避ける難しさなどを踏まえ、全競技を安全・安心な状況で実施するのは難しいと判断した。県南、東西しらかわ、石川の各中体連会長は連名で「高校進学後も運動部に積極的に参加したり、生涯を通じて運動に親しんだりしてほしい」などと記した生徒宛てのメッセージを各校に送った。

 3年生が区切りを付けるための対外試合を行えるよう、校長会で今後協議する。


■福島県内各地区で救済大会検討

 県内6地区では3年生を救済する大会の検討が進む。いわきでは7月下旬から8月上旬に無観客での開催を目指す。県北は8月上旬の開催を目標とし、6月下旬に可否を判断する。県中は夏休み中の開催を視野に入れ、6月中旬の役員会で決める。会津は6月12日の評議員会で結論を出す。相双は4月のうちに開催断念を決定した。