Rホープス今季初勝利 新潟に5-3

2020/06/27 09:24

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
【福島レッドホープス―新潟】6回表、ホープス2死一、二塁、佐賀が左前適時打を放つ
【福島レッドホープス―新潟】6回表、ホープス2死一、二塁、佐賀が左前適時打を放つ

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの福島レッドホープスは26日、新潟県長岡市の悠久山野球場で新潟アルビレックスBCと対戦し、5-3で今季初勝利を飾った。通算成績は1勝3敗1分け。

 レッドホープスは一回に先制を許したが、三回に菊名裕貴の右前適時打で追いつき、その後、勝ち越した。六回には下位打線が奮闘し、佐賀悠(猪苗代町出身)と宮田郷史がそれぞれ適時打を放ち、突き放した。八回に遠藤智騎の暴投などで2点を返されたが、逃げ切った。

 先発の鈴木駿輔(聖光学院高出身)は7回を投げ、5安打1失点の好投を見せた。

 リーグ規定の2時間45分を超えたため、八回で勝敗が決した。