Rホープス快勝 飯舘で公式戦 今季初連勝

2020/07/06 09:28

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
【福島レッドホープス-新潟】5回裏、レッドホープス2死二、三塁、佐賀が右前に2点適時打を放つ
【福島レッドホープス-新潟】5回裏、レッドホープス2死二、三塁、佐賀が右前に2点適時打を放つ

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの福島レッドホープスは5日、飯舘村のいいたて球場で新潟アルビレックスBCと対戦し、4-0で勝利した。今季初の連勝で通算成績を3勝7敗1分けとした。

 レッドホープスは三回、菊名裕貴、園部佳太、森口練太郎の三連続安打で無死満塁の好機を演出。牛丸京輔の左ゴロの間に三走菊名が生還し、先制。五回に佐賀悠の2点適時打、六回に森口の中犠飛で追加点を挙げた。投手陣は3人の継投で新潟打線を無得点に抑えた。

 試合時間がリーグ規定の2時間45分を超えたため、八回までのスコアで勝敗が決した。

 ■佐賀 復調示す2点打

 飯舘村のいいたて球場で初めて開かれたレッドホープスの公式戦。試合前、岩村明憲監督は「福島のプロ野球チームとして、東京電力福島第一原発事故の被災地で戦う意味を考えて臨め」と選手にげきを飛ばした。今季、ここまで2勝と振るわなかったレッドホープスだが、この日は投打がかみ合う好プレーを見せた。

 1点リードの五回、2死二、三塁の好機で打席に立った佐賀悠は、ツーストライクと追い込まれてから、相手投手の投じた内角高めの直球を右前にはじき返し、貴重な追加点となる2点適時打とした。

 今季、開幕から打撃不振に陥っていた佐賀。第1、第2打席ともに走者を得点圏に置いた場面で凡退し、悔しい思いがあったという。起死回生の安打を放ち、塁上で渾身のガッツポーズをした。

 復調の兆しを見せた佐賀は「不調のチームを勢いづけるヒットが打ててうれしかった。今後も調子を上げていきたい」とさらなる活躍を誓った。