楼門に風鈴200個 1日から七夕祈願祭 美里の伊佐須美神社

2020/07/30 11:24

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
伊佐須美神社楼門に飾られた風鈴
伊佐須美神社楼門に飾られた風鈴

 会津美里町の伊佐須美神社で八月一日から十八日まで「伊佐須美の杜 七夕祈願祭」が開かれる。期間中、楼門に風鈴約二百個を飾り付け、日没後に楼門や七夕飾りをライトアップする。七日に願い事成就を祈る七夕祈願祭を行う。

 風鈴の音は昔から災いや疫病をはらうとされており、神社に伝わる神事にちなみ「御涼(ごりょう)風鈴」として楼門の天井一面に風鈴を設置する。ライトアップは、新型コロナウイルス拡大防止と患者の治療に当たる医療従事者への応援の気持ちを込めた青色に加え、数色で午後十時まで彩る予定。

 七日まで無料で短冊に願い事を書き境内の笹飾りに飾り付けできる。感染予防のため祈願祭への参列はできないが、初穂料千円で七夕のお札と七夕にちなんだカササギのお守りが授与される。祈願祭後、祭壇が設けられた楼門で織り姫、ひこ星を祭り神楽を奉納する。