今年初の勇姿披露 SLばんえつ物語号 JR磐越西線

2020/08/02 10:00

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
煙を噴き上げ走る「SLばんえつ物語号」=1日午後1時10分ごろ、喜多方市山都町
煙を噴き上げ走る「SLばんえつ物語号」=1日午後1時10分ごろ、喜多方市山都町

 JR東日本は一日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、休止していた磐越西線会津若松(会津若松市)-新津(新潟市)駅間を結ぶ臨時列車「SLばんえつ物語号」の運転を再開した。今年初の運転となる。

 沿線の喜多方市山都町では県内外のアマチュアカメラマンや鉄道ファンがC57型蒸気機関車を迎え、煙を上げて進む姿を収めようとシャッターを切っていた。車窓から手を振る乗客の姿も見られた。

 SLばんえつ物語号は九月下旬までの土・日曜日を中心に一日一往復する。全席指定。