4強決定、5日開成山で激突 福島2020夏季高校野球

2020/08/04 09:40

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
【福島成蹊―郡山商】8回表、福島成蹊1死満塁、松本の三ゴロが野選を誘い、三走須田(手前)が生還。勝ち越しを喜ぶ次打者の正木(右)ら。捕手相沢
【福島成蹊―郡山商】8回表、福島成蹊1死満塁、松本の三ゴロが野選を誘い、三走須田(手前)が生還。勝ち越しを喜ぶ次打者の正木(右)ら。捕手相沢
【須賀川―東日大昌平】1回表、須賀川1死一、二塁、北沢が先制の適時内野安打を放つ
【須賀川―東日大昌平】1回表、須賀川1死一、二塁、北沢が先制の適時内野安打を放つ
【福島工―光南】投打に活躍した光南の先発矢田部
【福島工―光南】投打に活躍した光南の先発矢田部
【磐城―聖光学院】7回裏、聖光学院無死二、三塁、小林が左前に勝ち越し適時打を放ち、塁上で喜ぶ
【磐城―聖光学院】7回裏、聖光学院無死二、三塁、小林が左前に勝ち越し適時打を放ち、塁上で喜ぶ

 福島2020夏季高校野球大会第8日は3日、福島市のあづま球場と白河市の白河グリーンスタジアムで準々決勝4試合を行い、ベスト4が決まった。

 あづま球場では第3シード福島成蹊が郡山商に2-1で逆転勝ちし、夏は初の4強入り。聖光学院は第2シード磐城との競り合いを4-2で制した。白河グリーンスタジアムでは須賀川が序盤に大量点を奪い、第4シード東日大昌平を9-2の七回コールドで下した。光南は投打がかみ合い、福島工を6-0で退けた。

 準決勝は光南-須賀川、福島成蹊-聖光学院の対戦で、5日に郡山市のヨーク開成山スタジアム(開成山野球場)で実施する。決勝は7日午前11時から同スタジアムで行い、優勝校は福島県代表として9日から11日まで宮城県石巻市で開かれる東北大会に出場する。