新型コロナ 福島県内の情報

福島県内感染100人に 新型コロナ 郡山50代男性 白河初60代女性

2020/08/13 08:32

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 県は十二日、白河市の六十代パート従業員女性と郡山市の五十代男性の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。白河市での感染確認は初めて。県内の感染者は計百人となった。

 県によると、白河市の女性は軽症で県内の医療機関に入院した。発症二日前となる七日は出勤しており、マスクを着用していた。八日は職場に行かなかった。九日はマスク着用で出勤し、帰宅後に発熱の症状が出た。十日以降は出勤していない。仕事で不特定多数の人との接触はないという。

 県県南保健所が職場内などの濃厚接触者や詳しい行動歴などを調べている。同居家族はいない。発症前の二週間以内に近隣県の滞在歴はあったという。

 郡山市によると、同市の男性は軽症で市内の医療機関に入院した。市保健所が職業や感染経路、海外渡航歴、濃厚接触者などの詳細を調査している。


【感染者の経過、行動歴(12日)】※県、郡山市の発表に基づき作成


■白河市 60代女性(パート従業員)

8月9日 37.7度の発熱、咽頭痛、嗅覚異常あり

 11日 医療機関受診。帰国者・接触者相談センターを経由し、帰国者・接触者外来を受診

 12日 PCR検査で陽性と判明。県内の医療機関に入院


■郡山市 50代男性(職業調査中)

8月9日 37.6度の発熱

 10日 37.0度前後の発熱

 11日 市内医療機関を受診。検体採取(体温36.6度)

 12日 PCR検査で陽性と判明。市内医療機関に入院