新型コロナ 福島県内の情報

福島県内新たに5人感染 新型コロナ、計191人に

2020/09/11 08:09

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 県は十日、相馬市の六十代女性、南相馬市の六十代会社員女性と三十代会社員男性、六十代男性、会津若松市に住む五十代女性の計五人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内での感染確認は二十五日連続で、累計百九十一人となった。

 県によると、相馬市の六十代女性は八日に感染が判明した同市の七十代自営業男性の濃厚接触者。八月末に喉の違和感、せきの症状があった。七十代男性の濃厚接触者について、六十代女性と九日に陽性が判明した同市の十代女性以外は全て陰性だったという。

 南相馬市の六十代女性と三十代男性は八日に感染が確認された同市の六十代自営業男性の濃厚接触者。六十代男性の濃厚接触者について、県は十日、同日感染が判明した二人以外は全て陰性だったと明らかにした。

 十日に陽性が確認された同市の六十代男性については、県相双保健所が行動歴や濃厚接触者の詳細を調査している。

 会津若松市の五十代女性は二日と七日に発熱があり、九日には呼吸苦や味覚・嗅覚障害の症状が出た。感染者との接触は確認されていないという。県会津保健所が詳しい行動歴や濃厚接触者を調べている。

 十日に感染が確認された五人の症状は南相馬市の六十代男性が調査中、他の四人は軽症。いずれも県内の医療機関に入院または入院予定。