田村署がゲームメーカーと連携 交通安全ポスター作製

2020/09/17 11:04

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
「ストリートファイター」のキャラクターを用いた交通安全啓発用のポスター
「ストリートファイター」のキャラクターを用いた交通安全啓発用のポスター

 田村署は、ゲームメーカー「カプコン」と連携し、人気格闘ゲーム「ストリートファイター」のキャラクターを使った交通安全ポスターと反射材を作った。十七日に同署でお披露目される。

 ポスターは、ベガがエドモンド本田を後ろから攻撃する場面が描かれ、春麗(チュン・リー)が「あおり運転、ダメ!!」とたしなめる内容。反射材はステッカーとリストバンドの二種類があり、ステッカーは、電撃攻撃が得意なブランカが中央にあしらわれている。

 ポスターは管内の公共施設などに掲示し、反射材は秋の全国交通安全運動期間中の啓発活動などで活用する。

 カプコンは、大阪府警の防犯活動に協力するなど社会貢献に力を入れている。福島県警との連携は今回が初めて。同社は「交通安全意識の醸成とともに、反射材の着用率向上を支援していく」としている。