ふたばエイト再始動(9月22日)

2020/09/22 09:10

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 双葉郡まちづくり協議会の誕生から二年余りが過ぎた。郡内八町村の枠を越え、さまざまな課題に対応しようと、地域づくり会社などが手を携える。愛称の「ふたばエイト」に、「ふたばは一つ」の思いを込める。

 一年目には、視察を兼ねた会議と、イベント、情報発信など四つの分科会で事業の進め方や古里の将来を語り合った。会員の絆は強まり、復興の手掛かりをつかむ場に育った。だが、三月に初めて企画した管内のモニターツアーは、新型コロナの感染拡大で開催目前に中止となった。

 コロナ禍は、浜通りを訪れる人の数を減らし、再生へと歩みを進める姿を知ってもらう機会を奪った。「このままでは被災地が忘れられてしまう」。危機感が、オンラインでのシンポジウムに結び付く。二十五日夜、各地の代表が映像と共に、それぞれの今を伝える。視聴者との交流も計画される。

 協議会のロゴマークは、ローマ字と数字を組み合わせ、二枚の若葉と握手する姿を描く。故郷を愛する諦めない心が手を結び、再出発につながった。来年三月、震災と原発事故から十年を迎える。この地で暮らす人々を再び笑顔にするには何が必要か。若い力の模索は続く。