レッドホープス、サヨナラ負け BCリーグ

2020/10/06 10:35

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
【福島レッドホープス―信濃】5回までに被安打9で6失点を喫したレッドホープスの先発遠藤
【福島レッドホープス―信濃】5回までに被安打9で6失点を喫したレッドホープスの先発遠藤

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの福島レッドホープスは5日、長野県の中野市営野球場で信濃グランセローズと戦い、9-10でサヨナラ負けを喫した。通算成績は25勝25敗6分け。

 レッドホープスは先発遠藤智騎が五回までに9安打を浴び、計6点を失った。打線は相手先発を攻略できず無安打が続いたが、六回に3点を加えて追い上げた。

 終盤に相手投手が崩れ、七回に押し出し四球などで一挙6点を追加し、逆転した。しかし、その裏に登板した3番手・斎藤郁也(聖光学院高出身)が抑えきれず、逆転サヨナラ負けとなった。

 レッドホープスはすでに地区CS(チャンピオンシップ)進出を決めている。17日午後1時から、長野県松本市の松本市四賀球場で信濃と戦う。